その他の原因

ナプキンによる蒸れ

デリケートゾーンの臭いの原因の一つに「生理時の経血」があげられますが、それ以外にも、「ナプキンによる蒸れ」も大きな原因の一つとなっています。
女性であれば、誰もが一ヶ月に一回は生理を経験しますが、その際、ほとんどの方が「ナプキン」を使用します。ナプキンには種類があり、主に紙ナプキンと布ナプキン、そしてタンポンがあげられますが、多くの方は紙ナプキンを使用しているのではないでしょうか。
しかしこの紙ナプキンが、デリケートゾーンの臭いの原因になってしまうのです。紙ナプキンとは、通気性がよくありません。通常でもデリケートゾーンには汗をかきますが、ナプキン使用時は特に汗をかいてしまいます。また、デリケートゾーンにはアポクリン腺という汗腺があるのですが、そこから分泌される汗は皮膚に付着している雑菌と混ざり合うと悪臭を放ちやすく、それが主な臭いの原因となっているのです。

ホルモンバランスの乱れ

デリケートゾーンの臭いの原因には、「ホルモンバランスの乱れ」もあげられます。ホルモンバランスが乱れてしまうことにより、イヤな臭いを放ってしまうのです。
しかしこれも、膣洗浄を行なうことによって臭いを解消させることができます。臭いの原因となる物質は膣内に存在するため、それを洗浄することで、根本的な解決に繋がるのです。

性病

多くの場合、膣洗浄を行えばデリケートゾーンの臭いは解消できますが、中には、「膣洗浄をしても臭いが無くならない」という方もいます。その場合、それは「性病による臭い」が考えられます。性病は、膣洗浄を行なっても意味がありませんので、クリニックで治療してもらいましょう。